イライラする時の対処法はとにかく笑ったり泣いたりすればOK

物事の考え方悩み, 考え方

イライラする時の対処法はとにかく笑ったり泣いたりすればOK




普段どんなに温厚な人でも、イライラしちゃう時ってありますよね。

原因はそれぞれですが、イライラしてしまう原因になった事が深い内容だと、なかなか収まらなくて困ります。

でも安心して下さい。今回はイライラを抑えるのにもっとも効果的な方法をご紹介します。

 

そのもっとも簡単な方法は、笑う事と泣く事です。

 

いつまでもイライラしてしまうのは、体の健康にも良くないですし、自分にとっても周りの人にとっても良くありません。

少しでもイライラを早く解消し、気持ちの良い日常を送りましょう。

 

イライラする時の対処法

まずは、イライラのメカニズムから理解しましょう。

喜びや怒りなど、人間にはいくつかの感情が備わっていますが、その基本になる感情は6つだと言われています。それはこちらです。

★人間の6つの感情
●喜び
●嫌悪
●驚き
●悲しみ
●怒り
●恐れ

 

これらの6つの感情の組み合わせにより、人間は喜怒哀楽を感じています。

それでは、イライラしている状態とはどの状態なのか?イライラとは、『怒り』と『嫌悪』が組み合わさった状態ですね。『怒り』までは行かず、強い『嫌悪』という程でもない。それが『イライラ』しているという、煮え切らなくてモヤモヤしている状態です。

このように、人間の感情は6つの感情を組み合わせて感じられるんです。

 

では、どうやってイライラを解消すれば良いのでしょうか?

それは今感じている感情より、より強い感情で塗りつぶしてしまう事が効果的です。

例えば、凄い嫌な事があった時に、それ以上の良い事が起きたら嫌な気分が消えてしまった。そんな事ありませんか?

さっきまで凄い怖かったのに、安心出来る人に会ったら不安や怖い気持ちが全て吹き飛んだ。こういう事は、皆さん一度は体験していると思います。

そうです。感情は、より強い感情で塗りつぶしてしまう事で塗り替える事が出来るんです。

 

サキ

サキ

なるほど、言われてみれば確かに・・・
まるみや

まるみや

どうせなら、プラスの感情で塗り替えたいね♪



笑う事でイライラを塗り替える

笑いというのは、皆さんが思っている以上に強いパワーがあります。『笑顔が地球を救う』なんてキャッチコピーもあるくらい、笑うという行為は簡単に人の感情を塗り替え、あまつさえ体も健康にしてしまうなんて効果もある位です。

こちらは、サワイ製薬さんが書いている笑いの効果の記事です。

 

笑いは、体をも健康にしてくれる、凄いパワーを持っています。先ほども書きましたが、『イライラしている』という状態は実は凄く中途半端な状態であり、感情の力はそれほど強くありません。

なので、声を出して笑ってしまうような、そんな面白いものを見て思いっきり笑ってみましょう!

きっと、自分でも驚くほどスーッとイライラが飛んでいくのが分かりますよ。

 

まるみや

まるみや

ユーチューブではこの動画がオススメ!爆笑不可避!!
サキ

サキ

あーはっは!!もうダメ、苦しい・・・あーっははっはっは!!

 

 

笑えないなら泣いてみよう

どうしてもイライラしてしまって、普段だったら大笑いしてしまう動画やTVも笑えない・・・というか、そんな気分になれない。

そんな事もあるでしょう。そんな時は、いっその事おもいっきり泣いちゃいましょう!

こちらは養命酒さんの記事で、泣く事でストレスの発散になる事や、その効果、自然な泣き方の方法などを紹介してくれています。

 

笑う事が出来ない時は、おもいっきり泣く事をオススメします。

養命酒さんの自然な泣き方を試しても良いですし、最高に泣ける映画を観ても良いでしょう。一度思いっきり泣いてみると、ビックリする位スッキリします。

僕は基本的に泣き虫なので、悲しい映画やドラマなどを観ればイチコロです。

大切なのは、イライラした感情をより強い感情で塗り替える事。どうせなら、思いっきり泣けるやつで大泣きしましょう!

 

まるみや

まるみや

泣ける映画を挙げたらキリが無いよ!うわぁ~ん
タヌえもん

タヌえもん

まるみやはアニメとかでも泣いちゃうからね

 



まとめ

イライラするというのは自然な感情です。生活をしてれば誰でもなりますし、決して悪い事でもありません。

でも、どうせならイライラしている時間を早く終わらせたいですよね。

笑うにしても泣くにしても、どちらでも大丈夫。

思いっきり感情を高ぶらせて、明日からはスッキリ爽快!元気に行きましょう♪

 


超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド

スポンサーリンク

物事の考え方

Posted by まるみや