自分が否定しない限り無駄な努力はない

物事の考え方努力, 考え方

自分が否定しない限り無駄な努力はないの4コマ漫画


昔、一生懸命頑張ったのに何かに失敗したり、上手くいかなかった時、

「無駄な努力だったな」とよく思っていました。

仕事でも、「無駄な努力をするな」なんて言われる事も何度もありました。

でも結局、自分がそう思ってしまったら、その瞬間に無駄になってしまうんです。

自分が、自分でした努力をちゃんと認めてあげることで、全ての努力は無駄になりません。

努力は、考え方次第でちゃんと活かせるんです。

 

努力の考え方

努力とは、目標に向かって行動を重ねることです。

勉強なら、テストや試験の為に自主的に勉強をする。
仕事なら、目標の数字に向かって自分の仕事をこなす。
遊びなら、目指すスキルや知識の向上の為にひたすら遊ぶ!

これらは全て努力といって良いでしょう。
どれも自分の目標に向かって行動していますから。立派な努力です。

目標に向かって行動を始めたら、それは努力の始まりです。
目標に向かって行動を重ねたら、それは既に努力です。

つまり、何かに向かって行動している限りは、それを「努力」と考えて良いでしょう。

 

努力では無いもの

先ほどの前提にもあるように、何かに向かって行動しないと努力とは言えません。

暇だからやっている目的の無いゲーム
言われたからやっている仕事
ただ聞いているだけの授業や講義

これらは努力とは言えません。

広辞苑などを見てみると、

努力

目標実現のため、心身を労してつとめること。ほねをおること。
※広辞苑より引用

などとありますが、そうでしょうか?

こんな話がありました。

 

小さな子供が毎日庭先で石を積んでいます。

母親はそれを見て、可愛いわね♪とニッコリ。

次の日も次の日も、その小さな石を毎日一つ積み上げます。

別に子供は心身を労してもいないし、ほねもおっていません。

ただ、毎日いくつかの石を積んでいるだけです。

ある日、積み上げた石は子供の身長ほどの大きさになりました。

母親もさすがに心配になり、恐る恐る見ていると、

子供はその積み上げた石に上り、『おーー!』と叫ぶと、

満足そうに微笑みました。

 

子供は高いところに上って憧れのヒーローのように格好を付けたかったのです。

この子供の行動は努力でしょうか?

それとも努力ではありませんか?

 

僕は別に心身を労さなくても良いと思います。ほねをおる必要もありません。もちろん心身を労し、ほねをおるほど行動をしたならば成果が出るのも早いでしょう。目的を達する可能性も高くなるかもしれません。

しかし、努力とは
結果だけを求めるものでしょうか?
結果までの速さを求めるものですか?

僕の考える努力の定義は、目標に向かって行動を重ねること、その行為そのものを努力だと思っています。

だから毎日目標の為に努力を積み重ね、目的を達成した先ほどの子供は、僕ならまぎれもなく、最高の努力をしたと思い切り抱きしめ、褒めてあげたいです。



努力が無駄になるとき

努力が無駄になってしまう瞬間、それは残念ながらあると思います。

それは、努力を否定した時です。

自分で、今までの努力は無駄だった、何の意味も無かったと否定してしまったら、その瞬間に今までの努力は全て無駄になってしまうでしょう。

それはとても「もったいない」事です。

僕は、努力は無駄にする事は出来ても、無駄にはならないと思っています。あなたが日々ポケットに貯めこんだ小さな努力たち。それをゴミだと決め付けてゴミ箱に捨ててしまうのか、その努力を次に生かそうと考えるのか。違いは本当にそれだけなんです。

 

努力をする事は怖くない

どんな努力だってあなたの力や経験になっています。自分で気付かないだけで、その努力はあなたに何かをもたらしています。

自分がした努力。やったのはほんの少しだったかもしれない、本気を出せなかったかもしれない。

でも、あなただけはそれを無駄にせずに、自分の中に生きていると認めてあげて下さい。

そうすれば、次にあなたが何かにチャレンジする時、失敗を恐れなくなります。努力する事が怖くなくなります。

人は誰でも、行動した事が無駄になってしまう事を恐れます。

1年間、目的の為に毎日毎日何時間もかけて作り上げても目的を達成出来なかったら?

2年間、同じ努力を続けて続けて、何にもならなかったら?

3年目、これが最後と毎日努力を続けて必死になって、死に物狂いで頑張って、結果何にもならなかったら?

考えるだけでも恐ろしい事です。

でも、あなたは3年間何か一つの事を全力でやった。それでも結果として目的を果たせなかったかもしれません。

でもあなたは、目的としていた成果と引き換えに、3年間ひたすらに努力を続けたという成果を得ました。

これは誰にでも出来る事ではありません。それだけのガッツがあれば、あなたはきっといつか成功できるでしょう。そのまま諦めずに4年目に突入するのも良いし、方向性を変えて今までの努力を活かせる別の事にチャレンジするのも良いでしょう。

やってはいけないのは、その3年間を否定してしまうこと。

努力は必ずあなたに恩恵をもたらします。

あなたが無駄だと決めつけ、否定し、無慈悲なゴミ箱に捨ててしまわない限り。

 

まとめ

僕は人の努力を否定する行為が嫌いです。

「あんなの無駄だよ」
「やるだけ無駄」
「あんな事やってあいつバカだなぁ」

なぜ、そんな否定が出来るのか僕には理解が出来ません。

人が目標に向かって、その人なりにがんばって努力をしているのに、なぜ「無駄」だ、などと決め付けられるのか。

でも、そういう人は必ずいます。それはしょうがない事です。

だからせめて、あなただけは、あなたの努力を否定しないであげて下さいね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


ジャニーズは努力が9割 (新潮新書)

スポンサーリンク

物事の考え方

Posted by まるみや