テーマ変更中につき、お見苦しい点をご容赦下さい

絵がうまく描けるようになりたい人の為の練習方法

絵がうまく描けるようになりたい人の為の練習方法のアイキャッチ

絵がうまく描けるようになりたい人の為の練習方法の4コマ漫画


 

今回は、ブログの読者様より『絵が上手くなる為の記事を書いて欲しい』と大変ありがたいリクエストを頂きましたので、それならばと、書かせて頂く事にしました。

とはいえ、僕自身が人様に教えられるほど絵がうまいのかと言われれば、それはもちろん「NO」なのですが、
そんな事は一切気にせず、

『まるみや流の上達方法』を伝授したいと思います!(笑)

絵は、プロになりたい!とか、絵でお金を稼ぎたい!とかそういった事ではなく、ただ自分の趣味の範囲で描けるようになりたいのであれば、実は才能うんぬんはまったく関係なく、練習さえすれば誰でも上達するものです。

まずは思いっきり楽しむ!それが大事です。

 

絵の上達方法 基礎編

絵を描いている画像

線を描く

 

絵が上達する為にやる事は、非常にシンプルです。

それは、『たくさん線を描く』という事です。
※線を引くとは違います!

絵とは、結局は線と線の集合体です。キャンバスにいきなり絵の具を乗せて、下書きなどの線を一切描かずに絵画を完成させるような凄い人でさえ、かつては1本の線を何万本、何百万本と描いて、ようやくその境地に達するのです。

だから、まずはただただ、ひたすらに『線を描く』事が大事です。

★POINT★
線の強弱などを意識して、線を引くではなく『描く』事が重要

 



練習方法

①自分が大好きな漫画家や絵描きの絵を真似しよう!

これは、数多くの絵描きが一度は通った道ではないでしょうか?絵を描く上でとても大切な事はモチベーションです。

描くのが楽しくなければ続きません。楽しくなければ描く意味がありません。だから絵を描きたいと思ったら、まずは好きなものを好きなだけ、出来るだけたくさん描きましょう。

でも、好きなものを描けと言われても迷いますよね?だったら、好きな作家さんの絵を描くのが一番です!

だって好きな人の絵を自分が描けるなんて最高に楽しいじゃないですか(笑)

 

②好きな実物の物をひたすら描こう!

実物に存在する物っていうのは、どんなにいびつな形をした不完全な物でも、そこに存在する以上は、物質として「完全」です。(伝わるかな・・・)

一方、絵で描いたものっていうのは、どんなに上手い人が描いた絵でも、それが人の描いた絵である以上は、絶対に現物の物に勝る事は不可能です。

だから、実際に存在する実物をスケッチするというのは、絵を描く上で、また上手くなる上でとっても大事な手段の一つです。本物を知らない人は、本物を描く事は決して出来ません。

有名な話ですが、ピカソだって晩年は抽象的な絵をたくさん描きましたが、若い頃は、絵描きだった父親が画家の道を諦めたと言われるほど、実に見事な写実画をたくさん残しています。

可愛いデフォルメが描ける人や、アニメのような絵を描く人も、実際にはリアルな骨格のデッサンを何十枚も描き込んだり、本物の人間の筋肉や肉付きを何度も何度も練習して描いて、その上で、デフォルメをしているんです。

そういった練習をしていない人は、デフォルメをしても形が崩れてしまったり、筋肉や骨格に不自然さが生まれ、なんとなく違和感のある絵になってしまいます。

だから、本物を描くというのは、とても大切な事です。

 

③線の強弱を意識しよう

こちらの画像をご覧下さい。

リンゴの比較画像

 

 

 

 

 

 

リンゴっぽく見えるでしょうか?(笑)

この二つのリンゴは、同じペンで、同じ紙に、同じ形で描いたものです。(ペイントソフト上ですが・・・)

全然違うように見えませんか?

これだけ、線の強弱というのは絵の完成度に違いをもたらします。

最初の内はいいんです。ただ、思いのままに線を描きましょう!
描きまくりましょう!

でも、あとちょっと、もうちょっとだけ上手くなろうと思ったら、その描く線にも意識してみて下さい。漫画を読んでても、あなたの好きな作家さんは、どこの線を太くして、どこの線が細くなってるか?そんな事を意識しながら漫画を読むだけでも、絵に活かされます。

絵を描くという事は『線を描くこと』そのつもりで、まずは色々試してみて下さい♪

★POINT★
最初は数が重要!描けば描くだけ上手くなる

 

 

まとめ

僕は幼少の頃から、なぜか絵を描くことが好きでした。

中学生くらいまでは、運動部に所属しながらも家ではとにかく絵を描いてました。学校帰ってから絵を描き始めて、気付いたら朝なんて事もしばしば・・・。

でも、社会人になってから絵を描く機会が激減して、もうまったくといって良いほど描かなくなりました・・・。ちょくちょく暇な時に描いていた事はありますが、本当にたまーにでした。

今、こうして毎日絵を描いているのは、本当に中学生の時以来です(笑)

 

今の時代、ネットで検索すれば絵が上手い人はいくらでも出てきます。それはもう、アマチュアとプロとがまったく見分けが付かないなんて事もしょっちゅうです。

だからこそ、もう一度
『絵がうまくなる』という事を見つめなおしてみませんか?

絵がうまくなるという事は、絵が好きな人にしてみればとても大切な事ですし、そうなりたいと思うでしょう。僕もそうです。

でも、絵がうまいって何でしょうか?
誰かが点数でも付けているのでしょうか?

それは違いますよね。

あなたが描く絵は、あなたのものです。絵を描いているほとんどの人は、自分の為に絵を描いています。

自己満足です。

それでいいんです。あなたが好きな絵を、あなたが好きなだけ描いたらいいんです。

だからネットに溢れている、たくさんの『うまい絵』と、あなたの絵を比較しないで下さい。あなたの絵はあなたにしか描けず、あなたにしか生み出せない。誰かの絵と比較して、自分の絵がダメだなんて思ったらもったいない!

描き続けれいれば、絶対にあなたの絵が好きだといってくれる人が現れます。その時、あなたは心からこう思うでしょう。

絵を描いていて良かったなって。

僕も今、心からそう思っています。一緒に、楽しいお絵かきライフを送っていきましょう♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

&
なぞって上達!マンガデッサン練習帳
nbsp;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です