テーマ変更中につき、お見苦しい点をご容赦下さい

【目的別】初心者にオススメのイラストや絵の描き方の本ランキング10選

【目的別】初心者にオススメのイラストや絵の描き方の本ランキング10選

夢を実現するなら、
大事なのは最初の一歩を踏み出す事。

プロに学び、あなたの夢を叶えよう。


初心者の方が絵を描く上で一番やってはいけないのが、本も読まず、有名絵師を研究もせず、骨格や遠近法などの勉強もしないで、ひたすら自分の好きな絵を好きなように描き続けることです。

断言しても良いですが、これでは絶対にある程度までしか上手くなれません。

本当に絵が上手くなりたいのであれば、絵に必要な知識を得て、しっかりと正しい方向で絵を描いていくことです。

今回は、その知識を得る上でもっとも効率的でオススメな本を、目的ごとに分けてご紹介します。

★本記事について

こちらの記事では、初心者の方が絵が上手くなる為のオススメの本を目的別でご紹介しています。

とにかく絵の基本を学べる本2選

こちらでは、絵を為の基本中の基本を学ぶのに優れた本を2冊ご紹介します。

オススメ第1位

こちらの本では、『絵を描く』という事をロジックで捉え、初心者でも分かり易くペンの持ち方から物の構造を理解すること、骨格や服の描き方にまでフォーカスして分かり易く解説しています。

小難しい事はあまり書いておらず、章ごとに段階を踏んで基本を学ぶ事が出来るのが素晴らしい一冊です。

オススメ第2位

この本は初心者の方が少し本格的に絵を学びたいと思っている人向けの書籍です。鉛筆のデッサンは絵の基本となるものですが、デジタル絵を描く人でも、絵を描く時の姿勢から物体の明暗のつけ方、手の描き方や質感の出し方などを詳細に解説して大変勉強になります。

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.marumiya1.png
まるみや

何事もやっぱり基本からだよね!

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.sak3_.png
サキ

私も絵が描けるようになりたい!

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.tanuemon5.png
タヌえもん

言っとくけど、絵が描けても別にモテないからね

人物画を学ぶための本3選

絵を描く上で、やはり人物画を描きたいという人は多いでしょう。そういう方が抑えておくべき本をこちらで紹介します。

オススメ第1位

僕はこの本を中学生の時に購入して、今でもまだ持っています。この本は正直「やさしい」というタイトルとは裏腹に、初心者にとっては非常に難解な本なのですが、絵を描く人にとっての技術はもちろんの事、それよりも重要な『心構え』を学ぶ事が出来る、多くのイラストレーターや絵描きに多大な影響を与えた伝説の一冊です。

オススメ第2位

個人的に、人物を描く上でもっとも重要な事は、人体の構造を理解することだと思っています。しかし、人体の解剖学を一から学んでいたら大変ですよね。そこで登場したのがこの本です。この本の描き方を練習すれば、人物に限らず物体の形をシンプルにかつ本質として捉える力が付くでしょう。シリーズで『モルフォ人体デッサン』の本があるのですが、正直言って初心者の方には難解なので、こちらの方が初心者の方には分かり易く、理解しやすく、そして描きやすいです。

オススメ第3位

こちらの本では、前半で初歩からの人物画の描き方などの基本を幅広く学べ、後半になるにつれてポーズ集や体のパーツについての描き方がフォローされていて、この本を読み、繰り返し実践する事で人物の全身をくまなく描く事が出来るようになっています。また、人物画が描けるようになった後もポーズ集などを利用する事が出来、長く繰り返し利用できるようになっている点もポイントが高いですね。

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.sak7_.png
サキ

えー!あの本って中学生の時から持ってるの?

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.marumiya1.png
まるみや

うん、僕は陸上部だったんだけど、当時は美術部の友達より絵を描いてたよ

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.sak5_.png
サキ

なぜ、美術部に入らないの・・・??

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.marumiya3.png
まるみや

絵は家で描けるけど、トラックを走るのは学校でしか出来ないからね

漫画を書くための本2選

よく勘違いされがちですが、漫画を描く時にもっとも大事なのは絵の上手さや画力よりもストーリーや構成の方が重要です。その点を学べる本をご紹介します。

オススメ第1位

漫画の本だけに四コマ漫画などを交えながら、主にストーリーや構成の作り方、キャラクター等にフォーカスして分かり易く解説しています。漫画を描いていると悩むであろうポイントや、その解決方法、学びや上達の方法が網羅されており、非常に為になる一冊です。

オススメ第2位

漫画ではストーリーや画力といった基本の他に、『見せ方や演出』という部分が作品の面白さを決定付けます。映画に例えると分かり易いですが、どんなに面白い原作や俳優を使っても、演出がつまらなかったら作品は台無しです。逆に、原作や俳優が二流でも、演出が一流ならその作品はとても面白いものになるでしょう。そういったポイントを、分かり易く紹介してくれる無いようになっていますので、演出で悩んでいるなら必読の一冊です。

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.sak3_.png
サキ

まるみやの漫画ってめっちゃつまらない時あるよね!

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.marumiya7.png
まるみや

うわっ!!オブラート!言い方に気を使って!

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.tanuemon3.png
タヌえもん

サキちゃん、それは言い過ぎ。どちらかというと平均的にイマイチだから。

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.marumiya4.png
まるみや

オブラート!仕事して!!

まとめ

冒頭に書きましたが、絵だけに限らず、何の勉強もせずに上達しようとか、成長しようなんて甘い考えは今すぐ捨てましょう。

そして、初心者が一番最初に勉強する為にもっともコスパが良いのが本を買うことです。

多くの有名イラストレーターや画家、漫画化さん達が磨いてきた技術や技法を、一冊1000円ほどで学べるなんて、こんなうまい話は他にありません。

優れた技術を習得するには、多くの学びも必要です。

先人の素晴らしい技術を本から学び、お互い絵描きとして少しずつで良いので成長をしていきましょう。