テーマ変更中につき、お見苦しい点をご容赦下さい

愛がお金で買えない理由と恋との違い

愛がお金で買えない理由のアイキャッチ

愛がお金で買えない理由の4コマ漫画


愛については、過去に多くの場所で様々な議論がされてきました。

それでも、いまだに本質的な愛について明確な答えを持っている方は実はとても少ないと思っています。

「愛はお金で買えない」という話もその一つです。

中には、「いやいや、とんでもない大金を積めば、愛だって買うことが出来る!」なんて思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

僕の考える愛とは、与えるものでも与えられるものでもなく、いつか、ふとした瞬間に「これが愛か」と気付く。そんなものだと思っています。

今回は、僕が考える独自の見解で愛について語りたいと思います。

 

まるみや

まるみや

ついに愛について語る時がきたか・・・
タヌえもん

タヌえもん

愛って美味しいの?

 

愛と恋の違い

愛と恋には明確な違いがあります。

分かりやすく言うのであれば、

誰かを人として好意を持った段階で、「好き」
誰かを恋愛の対象として好きになった場合が「恋」

そして愛とは、

自分よりもその愛する対象の方が大切だと心から思えた時、それが僕の考える「愛」です。

恋との大きな違いは、相手が人でなくても良いところです。

人によっては飼っている
(※もしかしたら、犬や猫に恋をするケースもあるのかもしれませんが・・・)

もしくはなによりも大事にしている

人によっては仕事自体が愛の対象になる方もおられるのではないでしょうか。

 

恋とは、異性、もしくは同性への恋愛感情。
愛とは、自分より大切だと思えるもの。

これが明確な違いです。

 

まるみや

まるみや

タヌえもんは何かある?
タヌえもん

タヌえもん

焼きに・・・無いね
まるみや

まるみや

今、焼肉って言いかけた⁉︎



自分より大切なもの

皆さんには、自分より大切だと思えるものはありますか?

自分の全てを投げ打ってでも大事にしたい、

自分の命と引き換えにしてでも守りたいもの。

もしそんなものがあるのなら、それは「愛」である可能性があります。

しかし、本当の意味でそれが試されるのは、あなたの命と天秤にかけた時です。

人間にとってもっとも大切なものは、当たり前ですが「自分の命」です。死んでしまっては全てが終わり。何もかもが無に還ります。

あなたが愛していると思う、その対象はあなたの命よりも大切ですか?

あなたの死と引き換えに、そのものが守れるとしたら、あなたは自分の命を投げ出せるでしょうか?

それは決して簡単な事ではありません。

 

まるみや

まるみや

命との引き換えは誰にでも出来ることじゃないよ
タヌえもん

タヌえもん

死んだら何も食べられないじゃん!

愛とは気付くもの

愛していると思える瞬間というのは、実際には突然、ある瞬間からなるようなものではなく、「たった今、この人が僕より大切になった」というようなものでもありません。

例えば、長く片思いしていた相手とやっとの思いで両思いになったとしましょう。その瞬間は本当に嬉しく、誰よりもその相手を大切に思う事でしょう。もしかしたら、その瞬間に何者かに襲われた時、あなたは自分の体を張ってその相手を守れるかもしれません。

しかし、それだけでは本当に愛しているとは言えません。

実は、愛にはもう一つ厳しい条件があるんです。

それは、相手に見返りを求めない事です。

 

先ほどの状況は、あくまで相手が自分の事を好きでいてくれている事が分かったタイミングでの状況です。その相手が、もし自分の事を好きではなく、冷たく告白を断られた瞬間だったらどうでしょうか?果たしてあなたは、その相手を体を張って守れたでしょうか?

 

愛とは育むもの。
相手を想いやり、大切にする日々の生活や、日常の積み重ねで、いつの日か気づくときがくるんです。

「あ・・・僕はこの人の事を自分の全てをかけてでも守りたいな・・・」

と思える瞬間が。その時、相手に見返りは一切求めません。相手が自分の事を嫌いだろうと、興味がなかろうと関係ありません。その対象を、自分の全てをかけてでも守りたいと思っていると。

あなたは、その時に初めて気付くでしょう。

その感情こそが『 愛 』だと。

 

まるみや

まるみや

愛に気付けた時、同時に自分は幸せ者だと知るよ
タヌえもん

タヌえもん

愛・・・か


愛はお金で買えない

皆さんも一度はこんな話を聞いたことがあると思います。

愛だって買える!買えない!
じゃあ100億円なら?一兆円なら絶対買える!

こんなやりとりを子供の頃やった気がします(笑)

ですが、残念ながら愛は一兆円でも100兆円でも買えません。

なぜなら、愛とは自分の命より大切なものだからです。

自分の命より大切だと思えるものがこの世にあるという段階で、それはもう奇跡のようなものです。恐らく、一生に一度も訪れない人も多いでしょう。

そして人間は本能で自分の命を守ろうとするものです。
しかし、その本能すらも凌駕し、その対象に対してためらいなく、見返りを求めずに命を投げ打つなど、普通の感覚で出来るわけがありません。

そう、対象はそれほどまでに尊く、
あなたの命よりも価値があるものです。
そんなものに対して、お金などなんの意味があるでしょう。

だから、愛はお金で買えないんです。

お金で買えるとしたら、せいぜいお金に目が眩んだ「恋」まででしょう。人によっては恋愛対象の基準の中に、お金も含まれるでしょうから。

 

まとめ

昔、僕が愛を知るキッカケになった人物がいました。

それは、故ダイアナ妃です。

とあるニュースを見ていた時です。ダイアナ妃はこんな事を言っていました。

「愛とは見返りを求めず、また、一度愛すると決めたなら、それを貫きとおしなさい」と。また、こうも言っていました。

「私は、自分が何をするべきかを知っている。それは、外にでて人々に会い、彼らを愛する事」だと。

そう言ったダイアナ妃は、当時触れるだけで感染すると信じられていたHIV患者の子供を抱き上げ、素手で子供達に触れていました。

またある時、彼女は地雷が埋まっている地雷原を徒歩で歩き、「地雷は無くすべきだ」と言いました。

愛とは、常に自分よりも大切で、決して見返りを求めないもの。

だからこそ、愛は美しい。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


無限の愛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です