テーマ変更中につき、お見苦しい点をご容赦下さい

不要な自転車の処分に困ったらやるべき事とお得な処分方法10選

不要な自転車の処分に困ったらやるべき事とお得な処分方法10選

自転車の処分って結構面倒で困っている方が多いです。そんな処分にお困りの方に、絶対オススメの方法10選をご紹介します。

 

先日、僕もこんなツイートをしました。

 

結論としては、処分する前に売れるなら絶対に売った方がお得です。何でもそうですが、不用品の処分はまず売ることを考えます。売れなかった時に初めて捨てることを考える事が基本です。捨てる場合でもお得な方法がありますので、出来るだけ費用がかからない方法で処分しましょう。

今回オススメの方法はこちらです。

★オススメの方法10選
①防犯登録の解除をしよう
②高額な自転車はヤフオクで売る
③安価な自転車はジモティで売る
④面倒ならリサイクルショップに売る
⑤売れないならネットで無料であげよう
⑥お店で無料引取りしてもらおう
⑦サイトを利用して無料で譲ろう
⑧処分場へ直接持込んで処分しよう
⑨粗大ゴミで処分しよう
⑩最後の手段で業者に頼もう

 

こちらの記事を読む事により、自転車の処分の際に注意すべき法律などのややこしい問題を全て解決し、上手くいけばお金まで貰えちゃいます。

自転車の処分は、場合によっては警察が絡んだり家族や親族に迷惑をかける事になったり等、大変面倒な事になるケースがありますので、こちらの記事からあなたに一番合った方法を探し、トラブルを回避してお得に処分しちゃいましょう。

 

自転車の処分の前に防犯登録の解除をしよう

自転車の処分をする際に、まずやらなくてはいけない事が『防犯登録の解除』です。

現在は、自転車の防犯登録は義務になっていますので、新品で購入した際は必ず登録しているはずです。まずはこちらの解除を行います。

方法と流れはこちらです。

★防犯登録解除のやり方
①必要な物を用意する(無くても大丈夫)
②防犯登録をしたお店で解除する
③警察署に持ち込んで解除してもらう
④リサイクルショップで解除してもらう
⑤登録した都道府県の自転車防犯協会に問い合わせる

 

あなたの目の前で確実にスクラップにされる場合以外は、必ず防犯登録の解除をしておかないと、のちのち面倒なトラブルに巻き込まれる可能性があります。例えば、

★防犯登録の解除をしないと・・・
●あなたから譲渡された相手が盗難や犯罪を疑われる可能性がある
●悪用された場合、あなたが疑われる可能性がある
●どこかに放置された場合、あなたに責任が及ぶ可能性がある

 

こんな事にならないように、必ず防犯登録の解除は行いましょう。

①必要な物を用意する

これは、防犯登録の解除に必要なので用意して下さい。(最悪、なくてもどうにかなります。)

★必要な物
●身分証明書
●購入時の保証書
●自転車防犯登録カード
●自転車本体

 

どこで防犯登録を解除するのかにもよりますが、これらを用意しておけばまず安心です。必要書類は依頼するお店によっても変わりますし、警察も市区町村や対応する警察官によってだいぶ対応が変わってきます。事前に問い合わせをして、必要な物を揃えましょう。

また自転車防犯登録カードが無い場合は、自転車の『防犯登録番号』と『車体番号』を事前に確認しておく必要があります。

■防犯登録番号はこんなシールで、サドルの下に貼られている事が多いです。

こちらの○で囲まれたカタカナと、数字の部分を合わせたものが防犯登録番号ですね。

 

■車体番号は、車体に直接刻印されている文字列で、アルファベットと数字で構成されています。

これは車体によって文字数も書いてある場所も違うので、一概にどことは言えないのが心苦しいですが、よくあるポイントはこちらです。

 

 

赤い○の部分のパーツに、直接掘り込まれているタイプが多いです。見づらい場合があるので、見づらい場合は手で触るなどして凹凸の確認をしてみて下さい。

防犯登録番号と車体番号は警察での防犯登録の解除に必ず必要ですので、警察署などで解除を行う場合はメモを取るなどして、必ず答えられるようにしておきましょう。

②防犯登録をしたお店で解除する

【必要な物】
・自転車本体、購入店の保証書や防犯登録カード、レシート等

その店で購入した事がちゃんと証明できる場合は、購入店に持ち込むのが良いでしょう。

個人店などでは、稀に対応してくれない所もあるようですが、ほとんどの場合は購入したお店で解除が可能です。

③警察署に持ち込んで解除してもらう

【必要な物】
自転車本体、身分証明書、防犯登録カード(もしくは、防犯登録番号、車体番号の両方)

警察も市区町村などによって対応が違うので、持ち込む前に必要な物などを確認しましょう。特に都内はかなり厳しいので注意してください。

④リサイクルショップで解除してもらう

【必要な物】
自転車本体、身分証明書

これは売却を前提とした場合になると思われますが、リサイクルショップでも解除可能です。こちらでもリサイクルショップによっても対応が変わりますので事前に確認が必要ですが、解除してくれる所が多いです。

防犯登録の解除と売却の両方が一度で完了するので、うまく買取が成立すればお金も貰えるためオススメの方法です。

⑤登録した都道府県の自転車防犯協会に問い合わせる

【必要な物】
自転車本体、身分証明書、防犯登録カード(もしくは、防犯登録番号、車体番号の両方)

これは最後の手段です。上記の①~④を試してみて、どれもうまくいかなかった場合は登録した各都道府県の自転車防犯協会に問い合わせてみて下さい。

そこで、『自転車防犯登録番号抹消・廃車願い』という用紙を送ってもらい、登録者本人の身分証明書のコピーと返信用封筒を添付して返送します。

その後、『自転車防犯登録変更(訂正)届 お客様控え』という用紙が送られてきますので、これで解除が完了します。

 

サキ

サキ

うへえ、なんだか面倒ね・・・
タヌえもん

タヌえもん

やらないと大変な事になるから、面倒でも必須だよ
まるみや

まるみや

お店や警察署なら、案外ササっとやってくれるよ


まずは捨てずに売る事を考えよう

自転車に限らず、何かを処分しようと思ったらまずは捨てずに売るという事を考えましょう。

自分にとっては完全なゴミでも、誰かにとってはお宝だという場合があります。特にネットを使って販売すれば、日本全国が対象です。お金を払ってでも欲しい人はきっといます。

こちらは僕がオススメするカテゴリー別販売方法のランキングです。

★カテゴリー別オススメランキング
●高価な自転車の場合・・・『ヤフオク』
●安価な自転車の場合・・・『ジモティ』
●ネットは面倒くさい・・・『地元のリサイクルショップ』

 

まず、高く売りたいなら絶対にネットで売りましょう。ネットで売る以上に高く売れるリサイクルショップは基本的に存在しないと思ったほうが良いです。

高価な自転車はヤフオクで売ろう

これは、『ヤフオク』で売るのが良いでしょう。その理由をメリットデメリットで記載します。

ヤフオク ←サイトはこちら

★メリット
●1円で出品しても相場の値段で売れる。値段設定は気にしなくて良い
●老舗の為、取引に理解のあるユーザ-が多いからトラブルが少ない
★デメリット
●出品が慣れていないと面倒くさい

 

高額な自転車は、場合によっては想定以上に高く売れる場合があります。また、自転車は防犯登録やパーツの状態など、デリケートかつ大型の商品です。個人的にはユーザーにも玄人が多く、取引などに理解の深いヤフオクをオススメします。

 

安価な商品はジモティで売ろう

ジモティ ←サイトはこちら

★メリット
●手数料が無料
●地元の人に売れるので、送料が掛からず圧倒的に売れやすい
●出品登録も非常に簡単
★デメリット
●直接取引相手と会う必要がある
●原則として支払いは直接の現金受け渡しのみ

 

ホームセンターや自転車屋さんで1万円~2万円くらいで買った自転車などの比較的安価な商品は、中古で売る場合には高値で売る事が難しいので、地元の人に直接引き渡した方が圧倒的に売れやすいです。

取引相手と会ったり、現金の受け渡しに抵抗がなければデメリットの無い、最高の方法です。

 

面倒ならリサイクルショップで売ろう

★メリット
●ショップに持って行くだけでOK
★デメリット
●買取価格に期待は出来ない

 

こちらは非常にシンプルです。リサイクルショップに持っていくだけで、あとは全部おまかせです。その代わり、買取価格はかなり安くなる事を覚悟しましょう。

ちなみみにネットで売る際には、トラブル回避の為、こちらには十分に注意して下さい。

★売る場合の注意点★
●必ず事前に防犯登録の解除をする
●販売前に状態をしっかり確認、記載する
●いかなる場合でも返品不可と必ず記載しておく
●発送が面倒なので、発送方法、料金の確認をちゃんとしておく

 

サキ

サキ

売れるなら売ったほうが絶対にお得よね♪
タヌえもん

タヌえもん

場合によっては、結構高く売れるからね。売った方が絶対にお得。



売れないなら無料で処分しよう

自転車も、処分費をかけずに処分する方法がいくつかあります。それをご紹介します。

★無料の処分方法
①ヤフオク、ジモティで出品
②リサイクルショップや自転車屋の無料引取
③サイトを利用する

 

①ヤフオク、ジモティで出品

またネット!?と思うかもしれませんが、これは無料処分でも有効です。方法はこちらです。

★ネットショップで無料処分する方法
①ヤフオクなら1円、ジモティなら無料で出品する
②送料は相手持ちで交渉する

 

状態がよっぽど酷くなければ、ほぼ間違いなく引き取り手が現われます。ポイントは状態が良く分かる写真をちゃんと載せることです。

②ショップで無料引取してもらう

買取までは無理でも、無料で引き取ってくれるお店は結構あります。地元のショップに電話して、確認してみましょう。購入したお店が近くにあるのなら、まずはそこから確認してみてください。

③サイトを利用する

不用品を無料で譲渡する為の仲介サイトがいくつか存在します。それらをうまく利用すれば、引き取り手も見つかる事でしょう。

アゲマス

★ポイント・・・東北関東大震災で被災された方に物資の提供を支援する目的で立ち上がったサイトで、まだ開設から日は浅いですが、取り扱い点数も1万点以上あるなど信頼出来るサイトです。

あげくだ(あげますください掲示板)

★ポイント・・・2000年に京阪奈IT事業協同組合の付帯サービスとしてスタート。現在は民間企業が運営しており、取扱い点数、商品も多いです。しかし、取引にはゲッコというポイントを獲得しなければならず、こちらのサイトを継続して利用しないのであれば、あまりオススメ出来ません。

他にも、地域によって利用できるサービスやサイトが存在すると思います。この機会に探してみると、今後、不用品が出たときなどに有効利用できるかもしれませんよ。

まるみや

まるみや

売るのはお得だけど面倒って人も結構いるよね
タヌえもん

タヌえもん

時間も大切だから、早く処分したいなら誰かにあげちゃうのが一番いいよ
サキ

サキ

でも、その前には防犯登録の解除が絶対必要ね!



格安で処分しよう

売ることも無料で譲ることも出来なかった場合は、いよいよ捨てるという選択をします。

但し、捨てるにしてもちゃんとした手順、を踏んで、出来るだけ格安に処分出来るようにしましょう。

格安の処分方法はこちらです。

★格安の処分方法
①処分場への直接持込み
②粗大ゴミで処分
③引取り業者に頼む(最後の手
 

①処分場への直接持込み

事前に申請が必要な事と、処分場へ持ち込む必要がありますが、おそらく数百円で処分が可能です。粗大ゴミの処分だと、回収されるまで日数がかかる場合がありますが、持ち込む場合は土日祝日を除けばいつでも処分可能です。住んでいる地域の市役所で相談しましょう。

★メリット
●安価で処分できる
●土日祝日を除けばいつでも処分可能
★デメリット
●事前の申請が必要
●処分場へ直接持ち込む必要がある

 

②粗大ゴミで処分

こちらも市役所で申請が必要ですが、粗大ゴミで処分が可能です。処分場へ持ち込む必要がなく、取りにきてくれることがメリットですが、費用は500円〜1000円程かかるでしょう。引き取りまで日数がかかったり地域によって方法や価格が変わりますから、市役所で相談しましょう。

★メリット
●安価で処分できる
●持ち込む必要が無い
★デメリット
●事前の申請が必要
●処分出来るまで日数が数日~一週間ほどかかる
 

③引取り業者に頼む

これは最後の手段です。今までの全ての手段が使えなかった場合で、どうしてもすぐに処分する必要がある場合のみ頼みましょう。

費用は業者によりますが、場合によっては1万円以上請求される事もあるので注意して下さい。

また、業者に頼む際は必ず防犯登録の解除を行ってください。悪徳な業者が回収した自転車を不法投棄した場合、あなたに責任が及ぶ可能性が高いです。十分に注意して下さい。

★メリット
●全て任せられるので手間がない
★デメリット
●料金が高額になる可能性が高い
●信頼出来る業者でないとトラブルになる可能性がある

 



まとめ

だいぶ長くなってしまいましたが、自転車の処分は気をつけないと面倒なトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

まずはちゃんと防犯登録を解除するという事と、売れるのであれば売る、面倒ならタダでも良いので誰かに譲るのが良いでしょう。

中古でも良いから自転車が欲しいと言う人は結構います。

今回ご紹介した内容を実践すれば必ずお得に処分が出来ますので、是非お試し下さい。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です