テーマ変更中につき、お見苦しい点をご容赦下さい

成功の鍵はエジソンの名言の中にあった

成功の鍵はエジソンの名言の中にあったのアイキャッチ

成功の鍵はエジソンの名言の中にあった

トーマス・エジソンと言えば、世界的に有名なアメリカの発明家であり、「努力の人」などと呼ばれる事もある、不屈の努力家。24時間体制で仕事をしたなんていう逸話もある程、研究に人生を捧げた、努力の発明家。

電球や電話機、蓄音機、トースターなどの発明が有名ですよね。

彼は数々の努力に対する発言をしているが、こんな名言も残している。

『天才は1%のひらめきと99%の汗』

ートーマス・アルバ・エジソン(発明家)ー

日本でエジソンの名言と言えばこちらではないでしょうか。

一般的には「天才も努力しなければ成功出来ない」といった趣旨にとられているようですが、本当は「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄になる」という意味の内容であったとも伝えられており諸説あるようですが、僕はこの言葉をこう解釈しています。

『1%のひらめきがあったなら、99%の努力をすれば良い』

つまり、これだ!と思ったなら、後はひたすら努力せよってことです。

僕は、何かを成し遂げるために必要な全ての事を、彼は行動と言葉で残してくれたように感じています。

今回はそんな彼の名言をいくつか紹介したいと思います。

失敗は成長した証

私は失敗したことがない。ただ、1万通りのうまく行かない方法を見つけただけだ。

ートーマス・アルバ・エジソン(発明家)ー

何かに挑戦し、目標に向かってまっすぐに進むために行った行動では、失敗は失敗とは言いません。

自分で成功すると信じて行った行動が間違っていたとしたら、「その道を選んではならない」という新たな知識を得る事が出来ます。

その時、あなたは失敗することで1つ成長出来たという事です。

失敗した後に成功した場合は2つの事例を学べるが、一度で成功してしまうと得られる事例は1つだけ。それでは知識が育たない。だから、失敗は積極的にするべきなのだと教えてくれています。

まるみや

まるみや

あれ?じゃあ失敗って何?
タヌえもん

タヌえもん

カップ麺のお湯を捨てる時に麺も一緒に捨てちゃう事だよ!

 

思い通りに行かなくて当たり前

成功できる人っていうのは、「思い通りに行かない事が起きるのは当たり前」という前提を持って挑戦している。

ートーマス・アルバ・エジソン(発明家)ー

人はなぜ諦めるのか。

それは、自分が成功すると思って始めた行動が思った通りにうまく行かないからです。

最初からそんなにうまくいく訳がない、思い通りにいかなくて当たり前。最初から常にそういう認識でいれば、うまくいかなくても想定どおりという事になる。

才能があり、能力がある人間だって何度も何度も失敗を繰り返し、努力して努力してやっと目標に届くもの。

最初から何でもうまくいく訳が無い。そう頭では分かっていても、実際にその事実と向き合ったときに心が折れてしまうのは、本当の意味でそう思っていなかったから。

最初から1万回失敗する覚悟をもって挑む、そんな心構えが必要と教えてくれた。

まるみや

まるみや

そもそも、うまくいかないって思ってるのに挑戦する人は少ないよね
タヌえもん

タヌえもん

やらない人が多いなら、やれば勝ちじゃん

 

好きな事で努力をしろ

成功に不可欠なのは、肉体的にも精神的にも疲労を溜めずに、ひとつの問題にエネルギーを注ぎ込める能力である。

ートーマス・アルバ・エジソン(発明家)ー

『努力は辛いもの』、そう決め付けてはいけない。

努力をする事で、肉体や精神が疲弊してしまうようでは続かない。続かなければ失敗してしまいます。だったら、続く事で努力をすれば良い。

自分がやってて楽しいと思えることなら、努力すらも楽しく思える。

まずは自分が好きな事を並べて、それらでどうやって成功出来るかを考え、1つを決めたらその一点に全てのエネルギーを注ぐ。

それが成功するために必要不可欠な要素だと教えてくれた。

まるみや

まるみや

好きな事はいつまででも出来るよね♪
タヌえもん

タヌえもん

ボクは一日24時間寝られるよ♪

 

批判は恐れずに喜ぶべき

人から批判されることを恐れてはならない。それは成長の肥やしとなる。

ートーマス・アルバ・エジソン(発明家)ー

批判されるという事は、何をやっても必ずあること。何をやっても全ての人から肯定されるなんて、逆につまらない。どんなに批判されても、自分が信じたことで1人でも応援してくれたならやる価値がある。

要は、誰に何を言われても自分が正しいと信じている事は、貫き通す方が良い。自分が信じていることを誰かの声で諦めたり辞めたりしてしまうなんてもったいない。

また批判があるって事は注目されている事の証でもある。少なからず興味を持ったから批判をしているという事。これは、絶対に喜ぶべきこと。だって、関心の反対は無関心。まったく関心を持たれなかったら、そこからは何も生まれませんからね。

誰が認めてくれなくても、自分が信じる自分を信じる。そんな大事な事を教えてくれました。

まるみや

まるみや

批判されると泣きたくなるよ・・・
タヌえもん

タヌえもん

良かったじゃん見てもらえて

 

諦めてはいけない

他の発明家の弱点は、ほんの一つか二つの実験でやめてしまうことだ。わたしは自分が求めるものを手に入れるまで決してあきらめない。

ートーマス・アルバ・エジソン(発明家)ー

何かの為に努力しているとき、自分が求めるものまでどれだけ近づいているのかは誰にも分からない。このまま何年も手にする事が出来ないかもしれない。もしかしたら、明日手にする事が出来るかもしれない。

自分が求めるものがいつ手に入るのか?それを知る方法はたった一つしかない。

求めるものを手にする事。

求めるものを手にした時だけ、それが分かる。だから諦めちゃいけない。今この瞬間にも、あなたには変化が訪れている。次の瞬間にはまた何かが変わっている。努力をする限り、チャンスは誰にでもあるのだから。

諦める人と諦めない人

 

まとめ

最近、ツイッターでこんなツイートがあったのを見かけました。

ナポレオン・ヒルWikipediaというアメリカの哲学者の研究で、目標を掲げた人が、諦めるまでに挑戦する回数は何回か?

なんと、その結果は0.8回だったというのです。

0.8回ですよ!1回も出来てないんです!!

でもね、

ほとんどの人がチャンスを逃す理由は、チャンスは作業着を着て、大変そうに見えるからだ。

ートーマス・アルバ・エジソン(発明家)ー

エジソンはちゃんと分かっていました。

チャンスを掴めない理由は大変そうな事を避けてやらない人が多いから。

チャンスだと思ったなら、それがどんなに大変そうに見えてもまずはやってみる。どうしても無理だと思ったなら辞めれば良い。

だって、ほとんどの人は0.8回しかチャレンジしないんですよ!そもそもチャレンジしてないんです。

やるだけで、もうそれは価値がある事です。

どんな事でもまずはやってみましょう。話はそれからです。

 

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です