テーマ変更中につき、お見苦しい点をご容赦下さい

人は目に見えないものを信じられるのか?

人は目に見えないものを信じられるのか?のアイキャッチ

人は目に見えないものを信じられるのか?

皆さんは幽霊とかオバケって信じてますか?

僕は幽霊というか、そういう目に見えない存在っていうのが、きっと何かしらあるんだろうなという事はぼんやり感じています。

例えば、自分を見守ってくれる存在というか、『思い』のようなものが現世に残っているのかも?という風に感じています。

世の中にはUFOとか、幽霊とか、未確認生物とか、目に見えないけれど、ずっと消えることなく皆の話題になり続けていますよね。そこには、きっと何かの理由があると思うんです。

 

人は見えるものしか信じられない?

よく、「俺は自分の目で見たものしか信じない!」なんてカッコいい風のセリフ、ありますよね。ハッキリ言って、凄く良く分かります。

だって見えていないんですから、そこにあるかどうかなんて分からないし、証明しようがありませんからね。

では、目が見えていない方はどう感じているのでしょうか?

もちろん目が見えていなくても、声や音が聞こえたり、手で触る事が出来たり、視覚以外の方法で存在を知る事が出来ますよね。

つまり、目に見えなくてもなんらかの形で存在が確認出来れば、人はそれを信じる事が出来るという事です。

 

まるみや

まるみや

タヌえもんって実在するの?
タヌえもん

タヌえもん

ココにいるだろ!!

神様って存在するの?

最初に断っておきますが、僕は無宗教です。

それでも、今回の話の中で『神様』の存在は、もしかしたら良い例になるのかもしれません。

『神様』は当然、見ることも触れることも声を聞くことも出来ません。

でも多くの人に信じられ、あがめられています。

それを証明するように、世界で一番売れている本は「ハリーポッター」でも「村上春樹」でもなく、『 聖書 』です。

では、見ることも触れることも出来ないのに、なぜ「神様」だけは、それだけ多くの人達に信じられているのでしょうか?

それは『神様』を信じているたくさんの人達が、お互いを信じているからです。

両親が信じているから信じる。
尊敬する人が信じているから信じる。
これだけたくさんの人が信じているなら信じられる。

僕は「神様」が存在するかどうかは分かりません。

でも、「神様」を信じる彼らの中には、間違いなく存在する。

人は、実際に触れることも見ることも、実際に自分で存在を確認出来なくても、多くの信じる人を信じる事で、その存在を認める事も出来るんですね。

 

タヌえもん

タヌえもん

神様、お腹が空きました
まるみや

まるみや

マジで怒られても知らないよ・・・

 

人は目に見えないものを信じられる

ここまでで、

①人は目に見えなくても、なんらかの形で存在が確認出来れば、それを信じる事が出来る
②人は多くの信じる人を信じる事で、その存在を認める事が出来る

という事が分かりました。それでは最初にあった疑問ですが、

幽霊やオバケは存在するのか?

 

さて、いかがでしょう。

この場合は、先ほどの例で言えば ② に該当する話ですね。実際に見たことは無くても、多くの怪談や実際に見たという多くの人の話を信じ、その存在が世間に認められているんだと思います。

「俺はオバケなんて絶対信じない!」という人も、『絶対に近づいてはいけない!世界最強の心霊スポット!!』なんていう場所に、深夜、暗闇の中たった一人で宿泊する事が出来るでしょうか?その心霊スポットの半径1Km以内の安全は確保されており、犯罪者や動物などに襲われる危険はゼロ。しかも一泊したら100万円プレゼント!恐ろしいのは、そこに出る、世界でもっとも恐ろしいと言われている幽霊だけです。

こんな条件でも、チャレンジ出来るのは恐らく100人に1人位ではないでしょうか?

「オバケなんて信じない」というのは、信じていないのではなく、恐らく信じたくない人が多いんだと思います。

 

人の感覚は本当に五感なの?

人は、五感という素晴らしい感覚を持ち合わせており、この世界の様々なものを感じ取る事が出来ます。

でもだからこそ、人はそういった五感に頼り過ぎてしまっている気がします。

そもそも、人間の感覚が五感なんて誰が決めたのでしょう?

その昔、人類は地球が丸いという事を知らず、平面であると考えられていた時代がありました。海の水は地平線の先で下に落ちていると、本気で信じられていたんです。
その昔、日本では写真を撮ると魂が抜かれると恐れ、写真に撮られることを避けていたそうです。

いま世の中で信じられている事がそのまま真実と捉えるのは、果たして正しい事でしょうか?

現時点で、「神様」「UFO」「幽霊」などの存在を証明する事は難しいかもしれません。

少なくとも今は。

存在するかどうか分からないのであれば、存在しないとも言い切れないはずです。

あなたが気のせいと感じているその感覚・・・・

本当に気のせいですか?

 

まとめ

 

本当に申し訳ないのですが、僕は「神様」や「幽霊」を本気で信じているわけではありません。

でも、うまく説明できませんが、「そこに目に見ない何かがいる」という感覚は何度か体験した事があります。

 

その体験をしたのは20歳前後のこと。

親の仕事の都合でとある一軒家に引越しをしたのですが、その家ではとても不思議な事がよく起こりました。

例えば、今まで一度も経験した事の無かった金縛りが、連日連夜 起こりました。1~2週間くらい続いたでしょうか?ある日を境にパッタリ無くなりましたが・・・。

他にも、1階にあった和室に夜一人でいると、言いようも無い寒気と不安が襲ってくる事がありました。その状態になると、1分でもその場にいたくなくなります。怖くなって、すぐに自分の部屋に逃げ込んで、「俺ってこんなに臆病だったかな?」などと思っていました。

僕はしばらくして結婚を期にその家を出たのですが、当時は仕事が忙しく、家族とあまり会話をしていなかったので、そういった類の話は家族とはまったくしませんでした。後から聞いた話ですが、

家族からその手の話が出るわ出るわ・・・。

僕の弟は、ある日突然背中を押されたと思ったら、恐ろしいことに背中に赤い手形を付けられた事があったそうです。

他にもここに書ききれないエピソードが山のようにありました。

これが集団的な気のせいなのか、本当に何かがそこに存在したのかは分かりません。

でも、少なくとも僕が体験した事は事実ですし、僕の家族はそういった事で冗談を言う人間達でもありません。

一応言っておきますが、僕はこのブログでウソを書きませんし、皆さんを怖がらせる意図もありません。

あとは、信じるか信じないか。それは皆さん次第です・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です