テーマ変更中につき、お見苦しい点をご容赦下さい

【iPad Pro】iOS13でマウスをあえて使う必要性が無い理由

【iPad Pro】iOS13でマウスをあえて使う必要性が無い理由

【iPad Pro】iOS13でマウスをあえて使う必要性が無い理由

iOS13がリリースされ、ついにiPadやiPadProでもマウスが使えるようになりました。

ネット上でも、ついにiPadでもマウスが使える!という事で、こぞってマウスを購入される方が多いようですが、ちょっと待ってください。

そのマウス、本当に必要ですか?

僕はまったくもって必要性を感じません。何故なら、iPad本来の利便性を損なってしまう事になるからです。

今回はその点について深堀していきたいと思います。

★本記事について

iPadやiPadProで、マウスを買おうかどうか迷っている人向けに、マウスは必要ないですよ!というテーマで書いています。

iPad Proであえてマウスを使う必要性が無い理由

そもそもマウスとは、デスクトップパソコンでキーボードの操作を補助する目的で使われる物です。

なぜ補助が必要かと言えば、キーボードの操作だと直感的な操作が難しいからです。

画面のスクロールやクリックをするのに、キーボードだけで操作するよりもマウスの方が圧倒的に早く、便利ですよね。

では、iPadではどうでしょうか?

iPadには、最初から画面に直接タッチをして、直感的な操作をする機能が完璧に備わっています。今までiPadで操作をしていて、「あ~こんな時マウスがあったらなぁ」なんて思った人は、かなりの少数派では無いでしょうか?それだけ、既に操作感にほとんど問題はありません。

マウスで出来る操作は、実は全て画面をタッチする事で解決します。それがiPadというガジェットの大きな利便性の一つのはずです。

なのに、あえてマウスを買って操作をする必要性がありませんよね。

結論、iPadの操作にマウスは必要ありません。

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.marumiya5.png
まるみや

実は、IOS13になってマウスが使えるって分かった時、凄い嬉しかったんだよね。

でも、何が出来るんだろう?って考えたら、「あ、これいらないや」って思っちゃった。

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.tanuemon1.png
タヌえもん

どうしてもiPadをPCのように使いたい人には良いかもしれないけど、実際はPCのような使い方するならPC買ったほうが良いよね。

iPad Proにマウスを繋いで出来る事

iPadにマウスを繋ぐことで出来ることを確認してみましょう。

正直、iPadでマウスを使って出来ることと言えば、通常のマウス操作と右クリックボタンのカスタマイズ位です。

iOS13では、マウスを接続してもPCのように右クリックという概念が存在しないので、右クリック操作に、別の機能を割り当てることが出来ます。

例えば、右クリックに「ホームボタン」を設定すれば、ホームに戻ることができますし、他にも「長押し」や「siri」の起動などが可能です。

ですが現時点では対応していない機能や操作も多く、どうしても欲しいのであれば、シンプルなblutoothマウスで対応するのが良いのかもしれません。

ちなみに、こちらのマウスは普段はPCと接続しておきながら、iPadと一時的に接続する時だけ、マウスで切り変えが出来るという大変便利なマウスなので、どうせ使うならオススメです。

このようにiPadの機能性を考えれば、わざわざマウスを買ってまでそれらの操作が必要かと言われれば、どうでしょう?

僕には必要性がほとんど感じられませんでした。

結論、やはり、iPadにマウスは必要ないですね。

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.sak1_.png
サキ

ねぇねぇ、何で画面にタッチ出来るのに、わざわざマウス買うの?

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.marumiya5.png
まるみや

そりゃ人によってはその方が使い易い人がいるからだよ。

https://yojigen.net/wp-content/uploads/2019/08/huki.tanuemon3.png
タヌえもん

少数派の人の意見にもちゃんと耳を傾けてくれる、そんなアップルさんは素晴らしいよね

iPad Proをより便利にするガジェット

iPadは、それ単体だけで十分に優れたガジェットなのですが、更に便利にするガジェットはマウス以外にちゃんと存在します。

それが、アップル製のsmart keyboard folio(スマートキーボードフォリオ)です。

smart keyboard folioはiPadに最適化された優れたキーボードで、iPadそのものの機能性と、smart keyboard folioの使いやすさが融合する事で、そんじょそこらのPCに負けない素晴らしい機能性を発揮します。

smart keyboard folioについては、こちらの記事でも書いています。

iPad Proを使う人にオススメするSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)

さらに、PC単体では絶対に味わえない感動を味わうなら、Apple pencil(アップルペンシル)です。

僕は主に絵を描くために使用していますが、絵を描く以外でも大活躍していて、画面をタッチする必要性がある時全般に使用し、仕事で使うメモやPDF資料等への直接の書き込み、手描きでしか味わえないコンテンツは他にもたくさんあります。

Apple Pencilについてはこちらの記事でも書いています。

iPad Proで使えるApplePencil 第二世代をオススメする理由

マウスを買うくらいなら、これらのガジェットを買った方が、何倍もiPadを楽しめるでしょう。

まとめ

僕も正直マウスが使えるようになったと聞いた時は、「これはもう買うしかない」と思ったのですが、実際にはPCで使うような利便性は感じられず、正直必要性がほとんど感じられませんでした。

わざわざiPad以外にマウスを持ち歩かなくてはならない点を考えても、本来の利便性が損なわれ、煩わしいですよね。

ちなみに、今回ご紹介したsmart keyboard folioとApple Pencilは、iPad Pro本体と完全に融合するので、わざわざ持ち歩くという感覚は一切ありません。むしろ、完全に一体化しています。

この感動は、使ったものにしか分からないです。ぜひ、味わってみて頂きたいですね。