テーマ変更中につき、お見苦しい点をご容赦下さい

iPad Proを使う人にオススメするSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)

 

最初に、僕はこのブログに載せている絵やイラストは全てこちらの環境で書いています。

★使用環境
●11インチiPad Pro Wi-Fi + Cellular 256GB
●Apple 11インチ iPad Pro用 Smart Keyboard 日本語版
●アップルペンシル 第2世代
●CLIP STUDIO PAINT EX iPad版

 

今回は、iPadを使っている人にAppleのSmart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)をオススメします。

実際に使ってみた結果、非常に使いやすく素晴らしい商品でしたので、是非検討してみて下さい。

 

Smart Keyboard Folio

出典『Apple公式サイト』より

Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)は、iPad Pro用専用のキーボードです。これは多分一度触ってみないと感動が伝わらないと思うので、是非一度アップルストアなどで触ってみて頂きたいです。良い所を羅列すると、

★オススメする理由
①充電や接続作業は一切不要
②開くと自動でiPadが起動
③角度調整が可能
④カバーにもなって一石二鳥
⑤水・汚れに強い素材
⑥タイピング音が静か

 

とにかく良く出来ています。かゆい所に手が届き過ぎていますね。あったら良いなという機能を全て付けてくれた感じです。

一つ一つ紹介していきます。

 

まるみや

まるみや

色々他の商品も見たけど、結局コレになったよね
タヌえもん

タヌえもん

高いのが難点だけど、まぁ間違いないよね

①充電や接続作業は一切不要

本体はiPadとマグネットでくっつく仕様になっていますので、基本的に載せるだけです。キーボードはiPadからの電力供給で充電しますので、接続端子等も一切不要です。
こちらで接続&充電します。↓↓↓

取り外しや取り付けも完全にワンタッチで載せるだけ。とても簡単です。

サキ

サキ

なにコレ超便利!!

 

②開くと自動でiPadが起動

これがApple純正品の強みですね。常に接続されていますので、キーボードを開くだけでiPadが起動します。しかもiPad ProはフェイスID対応ですから、目の前で開けばパスワードを入力したり、指紋認証などをする必要性も一切ありません。

つまり、キーボードを開く=すぐ作業ができる

という事です。これはとても効率が良いです。

まるみや

まるみや

これはとにかく早くて助かる!

 

③角度の調整が可能

出典Apple公式サイトより

絵を描く時は人によって角度の調整が必要だと思います。2段階だけではありますが慣れてしまえばまったく違和感なく作業が出来るので、気に入った角度で作業出来るのは嬉しいですね

タヌえもん

タヌえもん

角度の調整がもうちょっと細かく出来たらもっと最高だったかな

 

④保護カバーにもなって一石二鳥

Smart Keyboard Folioのキーボードは全体を覆うデザインになっていますから、そのまま保護カバーとしても使用できます。

当然、落としたりすれば故障の原因になったりはしますが、それは何でも一緒ですよね。傷や汚れにも強い素材なので、普通に使っている分には保護カバーとして問題なく使用できます。

まるみや

まるみや

これのおかげでカバーを買わなくて済んだんだよね

 

⑤水・汚れに強い素材

Smart Keyboard Folioには、設計上キーボードの上にスキマがありませんので、水分やホコリが入って壊れるという事がありません。さらにサラサラとしたファブリック素材を採用していて、飲み物をこぼしてしまってもふき取れば全然平気。

メンテナンスが楽だと言うのは使っていて安心ですし、手間がかからないので作業の時短に繋がりますね。

サキ

サキ

私、すぐに飲み物こぼしちゃうからコレは嬉しい♪

 

⑥タイピング音が静か

先ほどもご紹介したファブリック素材により、プラスチックよりやわらかく、ゴムより硬いという印象です。その為、タイピング音が非常にソフトで図書館などの静かな所でのタイピングも気になりません。

また触り心地が非常にソフトなので、タイピングしていて非常に気持ちが良いです。

現物はアップルストアで展示してありますので、是非一度触ってみて頂きたいです。

タヌえもん

タヌえもん

ボクの超絶タイピングでも静かだったよ

 

残念なところ

これだけ素晴らしい製品でも、やはりマイナスな点は存在します。

★残念なポイント
①値段が高い
②カバー表面は傷つきやすい
③カラーバリエーションが無い
④重い

①値段が高い

やはり性能が素晴らしい分、高いです。大体2万円前後します。それでも予算に余裕がある方は値段以上の価値があるのでオススメです。

②カバー表面は傷つきやすい

キーボード部分は水に強く汚れにも強いんですが、カバーの表面はそうではありません。若干やわらかい素材なので、乱暴に扱うとキズが付きやすいです。汚れは拭けば落ちますが、割とキズが目立ちやすいので注意です。

③カラーバリエーションが無い

僕としてはこのグレーに近いカラーはお気に入りなんですが、もっと可愛いデザインが良い!とか、カッコいい色にしたい!という方には向いてないかもしれません。なにしろ一色しかありませんので、選択の余地無しです。

④重い

これは個人差があるかもしれませんが、いつも持ち歩く方や、女性には大きな問題かもしれません。

  • 11インチ用:295g
  • 12.9インチ用:402g

iPad Pro本体と合わせると、

  • 11インチ合計:763g
  • 12.9インチ合計:1034g

と、結構重いです。

慣れてくるとあまり気にならなくなりますが・・・。

まるみや

まるみや

僕が実際に残念に感じたのは値段くらいかな・・・

 

日本語版、英語版に注意

最後に、Smart Keyboard Folio(スマートキーボードフォリオ)には、日本語版、英語版があって、最初は間違えやすいので注意してください。

ウインドウズ等で日本のキーボード配列に慣れている方は、迷わず日本語版を。

仕事上などで英語版キーボードに慣れている方は、英語版にしましょう。

一部ショートカットの違いや、地球儀マークの配列が違っていますので間違えないように。

 

まとめ

今回はiPad Pro専用のキーボードを紹介しました。

ipad Proはキーボードを使わなくても使えますが、実際に使っている僕からすると、あった方が作業効率は格段に向上すると思います。

iPad proで使えるキーボードは他にもたくさんありますが、機能やコスパなどを検討した結果、結局この商品になりました。

皆さんがこれから選ぶ参考に少しでもなれたなら嬉しいです。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です