夏休みに子供達を成長させるオススメの行動計画作成方法

雑記努力, 成長, 行動

夏休みに子供達を成長させるオススメの行動計画作成方法


全国のお父さんお母さん、ついに今年もやってきました子供達の夏休み・・・。

全国のお父さん、心中お察しします。せっかくの休みに子供が家にいる事で、遊びに連れて行け、買い物連れてけなどなど、体の休まらない大変な日々が始まることでしょう。

全国のお母さん、さぞかし戦々恐々とされている事と思います。今まで学校で出ていた給食は無くなり、毎日の朝ごはん、昼ごはん、晩ごはんの3食を用意し、片付け、掃除、洗濯と、本当に大変な毎日が始まる事でしょう。

ぼくも先日こんなツイートをしました。

そう、もちろん大変なのは分かりますが、せっかく子供達が楽しい、嬉しい気分になっています。

どうせなら一緒に楽しんで、かつ子供を成長させてみるっていうのはいかがでしょうか?

今回の記事では、夏休みに子供達をただ遊ばせるだけではなく、大事な学びの期間として成長させちゃおうという趣旨で書いて行きます。

少しでも全国のお父さん、お母さんの助けになれれば幸いです。

 

夏休みに子供達を成長させるオススメの行動計画作成方法

夏休みというのは、子供達にとって最高のイベントの一つです。

学校が休みになるだけではなく、夏祭りに花火大会、田舎に帰省したり友達とたくさん遊んだり、ある意味では大人になる為の大事な成長の期間でもあります。

そこで、僕が毎年やっている子供達の行動計画作成方法をご紹介します。

こちらです。

★夏休み行動計画
①夏休み中の目標を一つ設定する
②普段と同じ就寝時間を徹底する
③普段出来ないルーチンを一つ追加する
④宿題の消化計画を立てる
⑤毎週、行動を振り返る

 

ポイントは、子供達がもっともモチベーションが高い夏休み初日~3日以内に計画を立てることです。

この行動計画を立てることで、ひと夏の間に子供の成長を促す事が出来ます。

子供に無理や負担の無い範囲でしっかりと継続、達成出来る事を重視し、あくまで子供の意思で決めていきましょう。

子供の意思で決めさせる事がとても大事ですので、そこは性格を把握している親がちゃんと誘導し、話し合いましょう。

 

まるみや

まるみや

小さい積み重ねをさせる事が大事だよね
タヌえもん

タヌえもん

人間って、結局なんでもコツコツ人間が勝つんだよなぁ



①夏休み中の目標を一つ設定する

夏休み中にやるべき目標を一つだけ設定しましょう。その理由は、努力する事で何かが達成できるという成功体験を与えるためです。

人間は、元々は努力が出来る生き物です。生まれてから自分の足で立ち上がれるようになるまで何度も転び、親の声だけで言葉を覚え、歩けるようになります。

小さい頃は、ほとんどの子供が好奇心旺盛で、なんでも積極的に行動しますよね。

しかし、それも行動の難易度が上がる内に失敗が増えてきます。すると、

何かに手をつける → 失敗する → 嫌になる

このサイクルが増えてきて、努力する事が無駄に感じるようになります。そうして、人は努力をしなくなるんです。

だから、子供には成功体験をさせる事が重要です。その為の目標です。

★ポイント
●多少の努力をすれば必ず達成出来る目標にしましょう

②普段と同じ就寝時間を徹底する

生活の乱れは精神の乱れに繋がります。寝不足は子供の成長にも大きく影響しますから、夏休みなどの長期休暇の生活が乱れやすい時期は特に注意し、日頃から就寝時間を徹底して守らせましょう。

しかし、せっかくの夏休み。時には夜更かしをしたい子供心もよく理解できます。その為、たまにはちょっと夜更かしをさせて上げるのも、継続させるコツです。

例えば、

●家族で夜中に星空を観にいく
●帰省時には夜中に子供と散歩をしてみる
●サプライズで、夜だけやってる限定の水族館や動物園に連れて行ってみる

などなど、せっかくの夏休みに楽しい思い出作りをするのも大切です。しかし、これは普段のしっかりしたルールを守ってこそ、より特別感が得られるものです。その為にも、あくまで普段はしっかりした就寝時間を設定しましょう。

★ポイント
●基本は生活のリズムをしっかり整え、たまに特別な日を用意する

 

サキ

サキ

特別な日って何かドキドキして嬉しいよね♪
タヌえもん

タヌえもん

たまに食べる外食が美味しいのと同じだね

③普段出来ないルーチンを一つ追加する

夏休みの間はかなりの時間が使えます。子供の時間は大人よりもより貴重な為、小さな事で良いので何か出来る事、やれる事を増やすためにルーチンを追加することをオススメします。

ルーチンとは、ルーティン、ルーティーン等とも言いますが、簡単に言うと日課ですね。決まった事を繰り返す事を言います。これは出来るだけ簡単な事が良いです。

例えば、

●朝起きたら必ず顔を洗う
●毎朝、花に水をやる
●毎日、机の上を掃除する

こんな事で良いです。こういう些細な事でも、毎日繰り返す事で日課になり、続けた後はやらないと気持ち悪くなるほど日常的なものになります。当たり前の事なのに、普段なかなか出来ない事や、やって欲しい事を日課にすると良いですね。

★ポイント
●些細な事で、出来れば続けて欲しい事をルーチン化する

 

まるみや

まるみや

口で言うのは簡単だけど、結構続けるのって大変なんだよね
タヌえもん

タヌえもん

だからこそ、出来たら凄いことだよ



④宿題の消化計画を立てる

子供の夏休みと言えば、宿題ですよね。僕も2人分合わせて10年近く経験しているから分かりますが、集中してやれば毎日やらなければならない宿題以外は、7月中に余裕で終わる量が一般的です。

そうすれば、8月はもう全力で遊び倒せますよね。まずはこれをしっかり理解させる事が大事です。

でも、そうはいっても7月中に終わらせるのが大変というのであれば、せめて8月の二週位までには終わらせられるように計画を立てましょう。

夏休みの始まった当初は子供のモチベーションが高いので、出来るだけ早めに時間がかかる宿題を終わらせるのがポイントです。

★ポイント
●難易度の高いものから順に、計画的に宿題を終わらせるようにしましょう

 

まるみや

まるみや

宿題っていつも最終日にやってたよ・・・
まるみや

まるみや

うん、僕もそうだよ
タヌえもん

タヌえもん

おい!説得力ないぞ!

 

⑤毎週、行動を振り返る

こうやって行動計画を立てても、時間が経つにつれ、段々いい加減になってくる事があります。というか、多いです。

その為、毎週決まった曜日に一週間を振り返るようにしましょう。お勧めは日曜日で、月曜日が週の初めという学校と同じ習慣を持たせることで、夏休み明けからもリスタートしやすいです。

ポイントは、決めた事がちゃんと予定通り出来たかどうかをしっかりチェックすること。

子供の言う事を信用して、出来ていないのにスルーすると嘘つき癖が付きますので、やっているかどうかをちゃんと自分の目で見て、出来ていないならその都度言うのが効果的です。

子供の成長には親の努力も必要なので、そこは子供の為と割り切って頑張りましょう。

どうしても出来ない場合にはペナルティを設ける事も必要ですが、あんまり強制し過ぎると逆効果になりますので、出来ていなくても怒ったりせず、どうしたら出来るようになるのかを話し合う事がポイントです。

★ポイント
●強制するより、決めた事をちゃんとやろうと子供に自分から意識させる事がもっとも大事

 

サキ

サキ

なんかまるみやがパパっぽく見える
タヌえもん

タヌえもん

まぁ、中の人は本当に二児のパパだし・・・

 

まとめ

子供の成長というのは、親にとっては本当に嬉しいものです。

でも、子供の成長の為に真剣に努力して行動できる親は実は少ないです。

子供の為に仕事をしてお金を稼ぎ、食事を作り、家事をしても、子育てというのはそれで終わりではありません。

そこからのプラスアルファが大事なんです。

是非、今回の行動計画を参考に、皆さんのお子様が実りある夏休みになる事を祈っております。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

雑記

Posted by まるみや