テーマ変更中につき、お見苦しい点をご容赦下さい

誰でもすぐに幸せになれる方法

誰でも明日から幸せになれる方法のアイキャッチ

誰でもすぐに幸せになれる方法

幸せになりたいというのは、全ての人類の願望ではないでしょうか。

幸せの基準は人それぞれ。でも、だからこそ誰にでも幸せになるチャンスがある。

実は、自分にとっての幸せなんて、毎日の日常にたくさん転がっています。

難しいことは考えずに、それを集めるだけで誰でも幸せになれるんです。

それを解説したいと思います。

 

幸せの定義は心が満ち足りていること

幸せとは、「心が満ち足りていること」を差します。

つまり、心が満ち足りていれば誰でも幸せって事です。

イメージしてみて下さい。あなたの心が満ち足りる時ってどんな時ですか?

①仕事終わりの冷たいビール
②美味しい物を食べるとき
③お風呂で湯船にゆったりつかる時
④暖かい布団で眠る時
⑤大好きな人と一緒にいる時

 

どうでしょう、一つくらいは当てはまったんではないでしょうか?

これらの事は日常に常に溢れているものです。これらのようなちょっとした幸せがあなたにもありませんか?

こういう小さな事でも、積み重なることで心が満たされたなら、それはもう幸せって言っていいと思うんです。

 

まるみや

まるみや

確かに!これは幸せだわ~
タヌえもん

タヌえもん

プリンのプールで泳ぎたい

 

人は満足しない生き物

人は、物やお金で幸せを得ようとすると、キリがなくなってしまいます。

例えば、お金の面で言えばいくらあれば幸せだと思うでしょうか?多分、多くの人は年収で一千万円あったら~なんて思う人が多いでしょう。

では、年収が一千万円あったら全員が幸せになれるのかといったら、

それは NO! です。

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成19年以降)」の調べでは、

心の豊かさを実感する条件として、経済的な豊かさを上げた割合は以下のようなデータになりました。

年収300~500万円未満の人 49.9%
年収1000~1200万円未満の人 43.8%

つまり、年収が500万であろうが、1000万であろうが、心の豊かさを実感する人の割合は大して変わらないという事です。

人は、持っていない物に対して憧れを抱く半面、手に入れたものに関しては興味が薄れてしまうものです。

年収500万円の人が仮に年収1000万円になったとしても、それで幸せになったと感じるかと言われれば、実はそんな事はありません。

結局、お金や物で幸せになろうとすると、手に入れた次の瞬間には興味が薄れ、次の瞬間には新しい物や、より多いお金を求めるようになります。

結局いつまで経っても満足出来ず、心が満ち足りる事はないでしょう。

 

まるみや

まるみや

お金持ちほどお金使わないって言うよね
タヌえもん

タヌえもん

それでも欲しいのが人情だよ

 

世界で一番幸せな国の人達

物やお金で幸せになれないのであれば、どうやったら幸せになれるのか?

それは、既に幸せな人に聞くのが一番早いです。

2019年3月に国連が発表した「世界幸福度ランキング」で1位になったのは、2年連続でフィンランドでした。

日本は残念ながら58位となっています。

では、日本とフィンランドは何がそんなに違うのでしょうか?

色々違う事はありますが、今回はこちらをピップアップしました。

★PICKUP★
●人生の自由度
●寛容さ

 

●人生の自由度

フィンランドでは、学歴の差がほとんど無く、一流大学に出たから勝ち組などの考え方はほとんど無い。

仕事に対しての考え方も日本と違い、年功序列も終身雇用も無く、どの会社に就職するかより、なんの仕事がしたいか、どういう仕事が楽しいのかで仕事を選びます。安定を求めて公務員をするのも良いし、好きな仕事をやっていきていくのもOK。

 

●寛容さ

フィンランドでは、個人を尊重する社会です。日本では人と違う生き方を選択すると、とかく冷たい目で見られてしまいがちですが、フィンランドではむしろ応援されます。

大学などの学校は全て無料ですから、いつでも好きな勉強ができますし、起業するなら補助金も出ます

世間の目などを気にせず、自分の好きな道を選択できるというのは、新しい事をチャレンジしたい人にとってはとても心強いですよね。

 

まるみや

まるみや

ちょっとフィンランド行ってきます。
タヌえもん

タヌえもん

ムーミン展行こうよ
まるみや

まるみや

本気で行きたい!

 

幸せになる方法

お金や物では幸せになれない事が改めて分かりました。でも、いきなりフィンランドに移住する訳にもいきません。それなら、日本で今すぐ幸せになりたいならどうすれば良いのか?

フィンランドの人達に習うのであれば、やはり自由に生きること。

お金や物ではなく、あなたがやりたいと思うこと、したいと思うことをやりましょう。今から年収一千万円を目指すよりよっぽど現実的で、すぐに行動が出来ます。

やりたい事が無いという人もいると思います。でも、どんな小さな事でもいいんです。冒頭に上げたように、好きなものを食べたりお酒を飲んだり、お風呂好きなお風呂に入ったり。

幸せとは、そういうちょっとした満足の積み重ねで得られるものだと思います。

もの凄い大金なんか無くても、恋人がいなくたって、夢なんか無くても、誰だってちょっとした日々の満足を積み重ねる事が出来れば、幸せだと感じる事が出来るんです。

あなたも幸せの基準を見直して、小さな事から、毎日の幸せ貯金はじめてみませんか?

 

まとめ

僕は決してお金持ちではありません。

幸いにも愛する家族がおりますが、仕事仕事の毎日で、余りかまってあげる事も出来ませんでした。

だから、こう考える事にしたんです。

僕は会社に依存するだけの生活をやめて、自分で稼ぐ力を身につけようと。それがブログという手段でした。

おかげ様で、まだ収益こそありませんが毎日が楽しく充実するようになりました。

休みの日には家族サービスもするようにしています。僕だけが幸せでは意味が無いですからね。

僕の幸せは家族の幸せであって欲しいし、家族の幸せは僕の幸せです。

幸せの基準は人それぞれ。

でも、幸せになるのに必要なのは、決して大金や、豪華な家や、美しい恋人ばかりではありません。

あなたの幸せはすぐそこの毎日に、たくさん転がっているんです。

あなたにも、小さな幸せがたくさん見つかりますように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です