テーマ変更中につき、お見苦しい点をご容赦下さい

絶望や挫折をした時に知っておくべき挫折の意味と立ち直り方

絶望や挫折をした時に知っておくべき挫折の意味と立ち直り方

絶望や挫折をした時に知っておくべき挫折の意味と立ち直り方



挫折の意味とは、

仕事や計画などが、中途で失敗しだめになること。また、そのために意欲・気力をなくすこと。
Goo辞書より引用

つまり、何かに失敗した事でやる気や気力を失ってしまう事を『挫折』と言います。

この記事を読んでいる方がもし何かに挫折し、苦しんでいるとしたら安心して下さい。

挫折には、明日へと繋がる本当の意味があります。挫折=夢の終わりではないです。

人は人生で一度も失敗をせずに生きていく事は出来ません。必ず、大なり小なり失敗を繰り返すものです。その繰り返す失敗の中で挫折する事もあるでしょう。

今回の記事では、挫折してしまった時の為に知っておきたいその意味と立ち直り方をご紹介します。

自分ではなく、身の回りの方に起きてしまった時にも有効ですので、一緒に考えていきましょう。

 

知っておくべき挫折の意味

挫折という言葉を聞くと、どうしてもネガティブな印象を持ってしまいます。それはなぜなのか?

それは、一つの意味では挫折という言葉そのものがネガティブな状況を表す言葉だからですが、もう一つの側面では挫折をした事で多くの人が夢や目標を諦めてしまっている現状がそこにはあるからです。

挫折という言葉の意味としては、『失敗し、気力を失ってしまうこと』ですが、『挫折した』という現実には、未来に繋がる別の意味があります。

それは、あなたが成長する為の試練がきたという事です。

少し深堀りして考えていきましょう。

 

人はなぜ挫折するのか

そもそも、挫折をする人というのはどういう人なのでしょうか?たまに性格などで挫折しやすい人の特徴、なんていう記事や話があったりしますが、挫折をしてしまう、全ての人が100%共通する事が一つだけあります。

それは、『何かに一生懸命になって行動した人』という事です。

挫折とは元々あった意欲や気力を、失敗した事で失ってしまうことです。意欲や気力を失ったという事は、何かをやろう!もしくはやりたい!という強い意思が元々はあったという事ですよね。

そして、失敗したという事は当然、行動したという事です。

そう、なぜ人が挫折するのかと問われれば、答えは『目標に向かって努力し、行動したから』です。

 

挫折は悪いことなのか

挫折してしまう人は、当然ですがネガティブな感情に支配されてしまいます。「自分はダメだ」「もううまくいかない」「もうやめたい」こんな感情に支配され、意欲や気力を失ってしまいます。

でも、これは当たり前の事なのです。

失敗の無い成功などありえない訳ですから、目標が高ければ高いほど、失敗や挫折の回数が増えていきます。これは当たり前です。

そして、自分の努力や行動の量が多いほど、挫折の苦しみも増していきます。「こんなにやったのに」、「あんなにがんばったのに」と。

挫折とは成功への道の途中にある壁のようなものです。多くの人がこの壁の前に諦めてしまいます。

だからこそ、その苦しみを知り、壁を乗り越えた強者のみ成功の道へ辿り着けるのです。

挫折は悪い事どころか、むしろ目標や夢に近づき、成長している証拠です。

この意味を知っていると、挫折に対しての考え方が変わってきますよね。

 

サキ

サキ

挫折ってもう諦めるって意味だと思ってた
タヌえもん

タヌえもん

成功者は大体、何度も挫折してるでしょ。してなかったらこれからするよ。
サキ

サキ

怖っ!!


 

最後に成功する為に挫折は経験しておくべき

 

各分野の有名人や著名人がこんな名言を残しています。

ごまかしの道を拒否して真剣に生きてる者なら誰しも挫折を感じるはずだ

伝説のF1レーサー アイルトン・セナ

人は挫折や失望する出来事によって死ぬのではなく、それに対抗する免疫の弱さによって死ぬのだ

アメリカの経営コンサルタント スティーブン・R・コヴィー

勝つことばかり知りて負くることを知らざれば害その身に至る

天下人 徳川家康

オレの人生は挫折の連続なんです。でもそこからはい上がろうとして、未知の世界を知ることもある

サッカー元日本代表 本田圭佑

挫折じゃないよ。左折だよ

作者不明

 

挫折とは、自分を強くする為の試練です。

この試練を乗り越える事なく不運にも成功してしまった人は、自らの精神力が強く鍛えられる事が無いまま、より強大な試練に立ち向かう事になるでしょう。そのときに万が一失敗してしまうと、時に想像を絶する挫折や絶望をする事になります。

人は多くの失敗をし、時には絶望や挫折を経験し、強くなっていきます。

皆さんは、『 筋肉の超回復 』というものをご存知でしょうか?

筋肉を鍛えるという事は、最初に必ず体の筋繊維を破壊する作業を行います。体の筋繊維を傷つけ、破壊し、適切な休養と栄養を与えることで、筋肉が超回復という現象を起こし、より強い筋肉へと成長します。

精神も同じです。心が傷つけられ疲弊しても、適切に休養を取ることで超回復を引き起こし、成長します。そうすることで、次に同じ試練が来ても乗り越えられるのです。

最終的に成功する為には、挫折は間違いなく経験しておくべき、重要な試練なのです。

 

挫折から立ち直るために

 

挫折から立ち直るために必要な事は、簡単です。休むことです。

頑張るのをやめましょう。

考えるのをやめましょう。

なんなら一度、全て忘れましょう。

筋肉と同じように、回復するためには適切な休養、栄養が心にも必要です。

但し、筋肉は24時間~28時間で自然と回復しますが、精神はそうはいきません。回復するまで何日、何週間、何ヶ月掛かるか分かりません。

そのまま、死ぬまで回復しないなんて事もあるかもしれません。それでは諦めてしまったことと同じですよね。

そこで、少し休んで落ち着いたら、『なぜそれを始めたのか?』を考えてみる事をオススメします。

何かを始め、挫折するほど努力をした事なら、きっと何か強烈なエネルギーを持った動機があったはずです。

そのエネルギーのかけらでも思い出す事が出来たら、それが立ち直るキッカケになるかもしれません。

例え本来の夢や目標から外れてしまったとしても、努力や行動は決して無駄にはならず、新しい夢や目標にきっと繋がっているのだから。

 



 

まとめ

僕はこの記事を書いているタイミングで、絶賛挫折中です。

自分のダメさ加減に絶望し、方向性を見失い、何もかもが嫌になり、やめてしまいたい感情のまっただ中にいます。

でもやっぱり、改めて思うのはやってて楽しいという事、諦めたくないと言う気持ち、そしてこの絶望や挫折の先に成功が待っていると信じている自分がどこかにいる。

だったら、立ち止まっているのはもったいないですよね。

僕はこれからも失敗や絶望や挫折を繰り返していくでしょう。でも、その度に強くなれる、成長出来ると思えたら、苦しい絶望や挫折も乗り越えられると思うんです。

今回の記事で、少しでも同じ気持ちでいる皆さんの助けになれたなら嬉しく思います。

僕のこの挫折も、「挫折じゃないよ、左折だよ」っていつか笑い飛ばしたいですね(笑)